サイトメニュー

転職直後の人はカードローンの審査が厳しくなる

カードローンの審査では、その人の年収、職業、勤務先、雇用形態、勤続年数などが判断基準となります。貸したお金を確実に返してくれるかを調べる審査なので、大企業に長年勤めて高い給料をもらっている方が、新卒入社したばかりの人や転職直後の人より有利です。

転職直後は収入に継続性が認められにくい
カードローンの審査では、安定した収入を継続的に得ていることが重視されます。勤続年数が問題になるのは、この「継続的に」という部分が関係するからです。転職直後では、たとえ最初から高い給料をもらっているとしても、まだそれが継続している状態とは言えないので、審査は慎重にならざるを得ません。

転職先にも影響される
しかし、それ以外の部分で評価されれば、転職直後でも問題なく審査に通過します。たとえば、転職した先の職種が公務員の場合、安定しているとみなされることが多いので審査をクリアする可能性は高いでしょう。一方、たとえば脱サラして事業を始めたばかりの人だと、カードローン会社からの信用度が低いために審査に通らないことも多いです。

転職前に契約するのがおすすめ
転職の予定がある人は、転職する前にカードローンを契約してしまった方がよいでしょう。ただし、契約中に転職した場合は、年収や勤務先など変更のあった部分についてカードローン会社に連絡する必要があります。