サイトメニュー

カードローンとクレジットカードの違いとは

カードローンとクレジットカードは、どちらも今手元にない現金を使える点で同じです。分割で返済できるところも似ています。しかし、この二つには明確な違いがあります。

クレジットカードとは
クレジットカードとは、カード会社が利用者の使ったお金を一時的に立て替えてくれるものです。借金のようでもありますが、借りたお金と違ってどこでも使えるわけではなく、そのクレジットカードの加盟店での支払いを立て替えてもらえるだけで、それ以外の店で使うことはできません。あくまで加盟店への支払いを立て替えるだけなので、ネットで時々見かけるショッピング枠の現金化も禁止されています。なお、立て替えてもらった分の支払いは、翌日に一括で行うのが基本ですが、2回以上の分割払いも可能です。

カードローンとは
カードローンがクレジットカードと違うのは、借りたお金を自由に使えるところです。クレジットカードのような加盟店はないので、どこで何にいくら使っても自由です。利用限度額が決まっているため、誰でも好きなだけ借りられるわけではありませんが、借りられる範囲でなら自由に現金を引き出せます。ただし、クレジットカードと違って、借りた翌日から利息が発生し、その利息分を含めた金額を翌月に返済することになっています。